運動器カテーテル治療とは

患者さまの体験談

長引く痛みの原因は、血管が9割

奥野先生のコラム

診療内容・料金について

クリニック紹介
メディカルプラザ江戸川へのアクセスマップ
【メディカルプラザ江戸川】
〒133-0052
東京都江戸川区東小岩2-6-1
TEL:03-3673-1566
毎週火曜日 9:00 〜 11:30
※遠方よりお越しの方は、JR東京駅
より総武線快速でお乗換えのない
メディカルプラザ市川駅がお勧め
です。
メディカルプラザ市川駅へのアクセスマップ
【メディカルプラザ市川駅】
〒272-0034
千葉県市川市市川1-4-10 市川ビル9F
毎週木曜日 10:00 〜 12:30
      15:00 〜 18:30
医療従事者の方へ
  • 医療従事者の方へ
  • 治療例
  • 運動器カテーテル治療とは
「カテーテル」という細長いチューブを使って、肩やひざ・足・ひじなどの関節の痛みを改善させる治療を「運動器カテーテル治療」と呼んでいます。

10分でわかる治療の紹介VTR

ページの先頭へ戻る

運動器カテーテル治療とは

『運動器』って何?

運動器とは、関節や骨、筋肉、腱、靭帯など、身体を動かすための臓器の総称です。

『カテーテル』とは?

カテーテルとは細くて柔らかいチューブのことで、先端からの薬剤注入や、治療を行うことができます。「心臓カテーテル」などの言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
カテーテルを血管の中に通して検査や治療を行うことを、「カテーテル検査」もしくは「カテーテル治療」と呼びます。

『運動器カテーテル』とは?

運動器カテーテル治療イメージ

運動器カテーテルとは血管の中に細長いチューブを通し、痛みのある場所(肩やひざ、足、ひじ、手、股関節など)まで移動させて、少量の薬剤を注入する治療法です。血管の内側には神経が走っていないため、カテーテルを移動させても痛みや違和感はありません。

治療時間は1時間前後。全身麻酔ではなく局所麻酔を用いるため、日帰り治療が可能です。通常1、2回の治療で痛みを緩和させることができるの で、何度もくり返し治療する必要はありません。手術と異なり、治療後に固定したり過度に安静にする必要はありません。治療後の比較的早いタイミングでト レーニングを再開できるのが、「運動器カテーテル」の大きなメリットの1つです。

ページの先頭へ戻る

実際の治療例

下の2枚の写真をご覧ください。
これは、左肩に痛みのある患者さんの治療写真です。黒くて細い、蛇行した線が血管です。「造影剤」という薬剤を用いることで、このように血管だけを観察することができます。
左が治療前、右が治療後の写真になります。

治療イメージ

△で示した血管が増えている箇所が痛みのある場所で、治療後にそれが消失しているのがわかると思います。このように痛みの原因になっている異常な血管を減らすことで、痛みを緩和させることができます。
こうした、「痛み」と「血管」の関係に着目して、「痛みの原因である異常な血管を減らす治療法」が『運動器カテーテル』なのです。

※詳しくは「痛みのメカニズム」もご覧ください。

ページの先頭へ戻る

痛みをとろう.com代表プロフィール

奥野祐次写真奥野祐次埼玉県熊谷市出身

2006年3月
慶應義塾大学医学部を卒業
2006年4月
川崎市立井田病院にて初期研修医として勤務
2008年4月
クリニカETにて放射線科医として血管内治療に従事
2009年4月
慶應義塾大学医学部の大学院博士課程入学
2012年3月
大学院博士課程修了 研究分野は「病的血管新生」
2012年4月
江戸川病院にて運動器カテーテル治療の専門医として勤務

現在にいたる

医療従事者の方へ

「運動器カテーテル治療」という言葉を初めて聞く方もいらっしゃるかもしれません。
運動器カテーテルとは、血管にアプローチすることで痛みを改善する全く新しい治療法です。
血管と痛みとの関係はこれまであまり注目されていませんでしたが、非常に深い関係にあることが多数示唆されてきました。私の執筆している論文も含め、世界の様々な研究者が様々な分野で「血管」と「痛み」との強い結び付きを示唆する知見を多数報告しています。
詳しくは「コラム」の中の、カテゴリー「論文紹介」をご参照ください。
また、講演の予定などを「お知らせ」のなかで取り上げるようにします。そのような情報を知りたいという方は、お問い合わせフォームからご遠慮なくお問い合わせください。

メールでのご予約・資料請求はこちらから name= メールでのご予約・ご相談はこちらから