お知らせ

患者さまの体験談

長引く痛みの原因は、血管が9割

奥野先生のコラム

診療内容・料金について

クリニック紹介
メディカルプラザ江戸川へのアクセスマップ
【メディカルプラザ江戸川】
〒133-0052
東京都江戸川区東小岩2-6-1
TEL:03-3673-1566
医療従事者の方へ

rss

2013/12/01
夜間痛シリーズ コラムに掲載しました!
奥野先生のコラムにて「夜間痛」シリーズが掲載されています。

眠りを妨げる痛みを夜間痛と呼んでいます

夜間痛で困っている方、ぜひお読みください!

ページの先頭へ戻る

2013/11/26
英国カテーテル学会にてポスターアワード受賞しました!
英国カテーテル学会にてポスターアワード受賞しました!
奥野先生がイギリス・マンチェスターで開催されたカテーテル学会(BSIR2013)でポスター賞を受賞しました!

詳しくは先生のコラムで!

ページの先頭へ戻る

2013/11/25
体験談をアップしました!

ページの先頭へ戻る

2013/10/21
雑誌 「帰国便利帳」 で運動器カテーテルが紹介されました!
雑誌 「帰国便利帳」 で運動器カテーテルが紹介されました!
帰国便利帳という雑誌で、運動器カテーテル治療が紹介されました。


↓取り上げていただいた内容です

長年の痛みが数分で消える血管内治療

同院(メディカルプラザ市川駅)が誇る、もう一つの最先端治療が関節の痛みに対する治療法「血管内治療(※運動器カテーテル治療のこと)」だ。
加齢によるものやスポーツの影響によるもの、関節をぶつけたことなどにより発症した関節の痛みはレントゲンでも異常がなく、対症療法のみで長期化するケースも多い。
そこに一石を投じたのが奥野祐次医師。

「放射線科の医師としてがん患者の血管内治療をしていて、痛みを訴える患者さんのいろいろな経験から、血管と痛みとの関係に気づきました。血管と末梢神経は対になっており、炎症の近くで血管が増えると、神経も増殖し、痛みを感じるようになります。そこで、異常に増えた血管を遮断することで末梢神経からの痛みをとる運動器カテーテルの治療法を開発しました」

 五十肩など、長い時は7年も続くという関節の痛み。血管内治療は局所麻酔のため、日帰り治療が可能で、治療後、数分もすると痛みがとれてくるという。数年の痛みと数分、その差はあまりに大きい。

ページの先頭へ戻る

2013/10/10
体験談をアップしました!
カテーテル治療を受けられた患者さんからの声が続々と集まっています!
ぜひご覧ください。

ページの先頭へ戻る

2013/08/22
「特集 ひざの痛み」始めました! 奥野先生のコラムにて掲載中
「特集 ひざの痛み」始めました! 奥野先生のコラムにて掲載中
奥野先生が、膝(ひざ)の痛みについての特集をコラムにて連載しています。

膝の痛みでお困りの方は、ぜひご一読ください。

ページの先頭へ戻る

2013/07/31
奥野先生の論文が米国雑誌にて紹介されました!Thinking Outside the Box!
奥野先生の論文が米国雑誌にて紹介されました!Thinking Outside the Box!
奥野先生の執筆した英語論文が、米国のインターベンション専門の科学雑誌「JVIR」において紹介されました!


どのように紹介されたかというと
紹介記事の見出しはズバリ!

"Thinking outside the box"

つまり日本語でいうと「(従来の)枠組の外の発想」

全く新しい発想の治療法!という紹介のされ方ですね。

カナダの大学教授であるPeter Munkという方が取り上げてくださいました。

JVIRという雑誌は、カテーテル治療をしている全世界の医師の人たちが目にする雑誌です。


今後ますますこの論文が世界中の先生の目に留まることを願っています。

そして多くの患者さんの痛みに貢献できればと思います。

ページの先頭へ戻る

2013/07/18
運動器カテーテル治療(血管内治療)が千葉県の新聞に掲載されました!
運動器カテーテル治療(血管内治療)が千葉県の新聞に掲載されました!
運動器カテーテル治療(別名:血管内治療)が千葉県で発行部数No.1のフリーペーパー「CHIIKINEWS」において紹介されました。

ここで「血管内治療」と書かれていますが、「運動器カテーテル治療」の別名です。

以前はこの治療を「血管内治療」と呼んでいました。

ここでは、私の外来をしているメディカルプラザ市川駅とメディカルプラザ江戸川の2つのクリニックも紹介されています。

ページの先頭へ戻る