お知らせ

患者さまの体験談

長引く痛みの原因は、血管が9割

奥野先生のコラム

診療内容・料金について

クリニック紹介
【Okuno Clinic.】
〒224-0032
神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央36-6 ホテルアトラス2F
TEL:045-942-2701
FAX:045-942-2702
医療従事者の方へ

rss

2017/03/08
アメリカのカテーテル学会にて学会発表
アメリカのカテーテル学会にて学会発表

奥野先生が3月の4日〜7日にかけて行なわれたSIR2017という米国のカテーテル治療を専門にする医師が集まる学会にて、招待されて講演を行ないました!

内容はもちろん、運動器カテーテル治療について、です!

国際学会に招待されて講演するというのは非常に光栄な機会です。

運動器カテーテル治療が注目されている証拠でもあります!

ページの先頭へ戻る

2017/02/26
治療件数が700件を超えました
治療件数が700件を超えました


江戸川病院での運動器カテーテル治療の治療件数が700件を超えました!!

今までもたくさんの方に受けていただき、喜んでいただきました。

これからも引き続き患者さんに喜んでいただけるよう、精進してまいります。

江戸川病院の前の施設でも300件ほど治療しましたので、合計の治療件数が1000件を超えております!

ページの先頭へ戻る

2016/11/18
第41回日本足の外科学会にて奥野先生が学会発表をしました!
第41回日本足の外科学会にて奥野先生が学会発表をしました!


11月18日に開催された「第41回日本足の外科学会」にて、奥野先生が足底腱膜炎へのカテーテル治療について発表されました!

今回は「かかとの痛み」の原因として重要な足底腱膜炎に対して、いくつかの治療を取り上げ、それぞれの専門家が話していく「シンポジウム」というスタイルで開催されました。

その中で運動器カテーテル治療も有望な治療手段のひとつとしてこれから広まっていくことが期待されます!

ページの先頭へ戻る

2016/11/05
西日本新聞に五十肩へのカテーテル治療が掲載されました!
西日本新聞に五十肩へのカテーテル治療が掲載されました!


西日本新聞にて運動器カテーテル治療についての掲載がありました!

今回は新たにこの治療を始める久留米大学の先生を取り上げた記事です!

運動器カテーテル治療が徐々に普及されつつあることが実感できますね!


ニュースの掲載サイトはこちらをクリック!




ページの先頭へ戻る

2016/10/21
第43回肩関節学会にて優秀Abstractに選ばれました!


10月21日・22日に広島で開催された第43回日本肩関節学会にて、奥野先生の発表された「凍結肩(いわゆる五十肩)に対する運動器カテーテル治療の成績」が、優秀Abstractとされ、優秀な発表に贈られる「高岸直人賞」の候補にノミネートされました!

ページの先頭へ戻る

2016/10/01
アメリカの名門Yale大学からIgor先生が運動器カテーテル治療の見学に!


9月30日から10月4日まで、YALE大学(イエール大学)のカテーテル医のIgor先生が、奥野先生の運動器カテーテル治療を見学に来られました!

Yale大学は世界の大学ランキングで常にトップ10に位置するようなアメリカの名門大学です。

今後はIgor先生がYale大学でもこの治療を普及させようとしています!

運動器カテーテル治療のこれからが楽しみです!

ちなみにIgor先生は奥野先生より5つほど年が上ですが、気さくで話しやすく、新しいことにチャレンジする精神をもった素晴らしい先生でした。

京都にも観光に行かれたりと、満喫して過ごされたようです!

ページの先頭へ戻る

2016/09/17
江戸川病院でのカテーテル治療件数が600件を超えました
江戸川病院でのカテーテル治療件数が600件を超えました


2012年から江戸川病院で運動器カテーテル治療を受けた患者さんの数が600名を超えました!

以前勤めていた病院(2007−)では300件ほど治療していますので、現在までで合計900件以上の治療が行われています!


ページの先頭へ戻る

2016/09/12
ヨーロッパのカテーテル治療学会(CIRSE2016)にて学会発表をしてきました!
ヨーロッパのカテーテル治療学会(CIRSE2016)にて学会発表をしてきました!

スペインのバルセロナで開催されたヨーロッパのカテーテル治療学会であるCIRSE2016で、奥野先生が招待され発表しました!

テーマはもちろん「運動器カテーテル治療」です!

ヨーロッパの学会で日本の先生が発表の機会を持つことはすごいことです!それくらい運動器カテーテル治療が世界的に注目されているというということでしょう!

写真は学会場で配られていた英語の新聞の写真です。良く見てみると・・見覚えのある顔が!!


ページの先頭へ戻る